· 

法定相続人の数が多いほど税金が安くなる仕組

 日本の相続税においては、法定相続人の数が多いほど税金が安くなる仕組みと、その中で養子縁組を利用する際に発生する問題について述べます。

 

相続税の仕組み:

 

 日本の相続税は、法定相続人が多いほど税金が安くなる構造を持っている。

 相続税の基礎控除額は、法定相続人の数によって決まり、増えるごとに増額される。

  • 養子縁組の利用:

 養子縁組は相続税の節税対策として有効である。

養子は法定相続人の数に含まれ、基礎控除額を増やす効果がある。

  • 養子縁組の制限:

 相続税法では、実の子がいる場合は1人まで、実の子がいない場合でも2人までしか養子を法定相続人の数に含めることができない。

 養子を増やすことで相続税の節税は難しくなり、遺産分割が複雑になる可能性がある。

  • 問題と注意点:

 養子縁組を秘密に行うことが、家族内でのトラブルや不和を招く可能性がある。

 養子縁組の解消が難しい場面が生じた例も紹介され、注意が喚起されている。

  • 結論:

  節税を目的として養子縁組を行う際は、家族の理解や合意が不可欠であり、慎重に行うべきである。

 養子縁組があまりにも多くなると、むしろ複雑な相続問題を引き起こす可能性がある。