· 

生命保険を活用した相続税の節税対策

 生命保険を活用した相続税の節税対策について説明します。以下は文章の主なポイントです:

 生命保険の利用:

 

 生命保険は「評価を下げて減らす」節税対策として比較的簡単に実行できる手段である。

不動産など他の資産に比べ、生命保険は気軽に始めることができる。

  • 非課税枠の活用:

 相続税の非課税枠は相続人1人あたり500万円であり、相続人が奥様と子ども2人ならば1500万円まで生命保険金が非課税になる。

 非課税枠を受けられるのは相続人に限り、他の人が受け取る場合はこの枠は適用されない。

  • 生命保険の受取り方:

 相続人が受け取る場合、500万円ずつ受け取ってもよく、1人がまとめて受け取っても良い。

 生命保険金を非課税枠まで受け取ることで、相続税を回避できる。

  • 生命保険のメリット:

 生命保険は生前贈与と異なり、老後の資金が足りなくなっても解約して取り戻すことができる。

  • 税金の注意点:

 生命保険には加入の仕方によってかかる税金が変わるため、注意が必要。

特に被保険者が保険料を負担する場合、所得税や贈与税の対象となる可能性がある。

  • 受取人の検討:

 受取人を誰にするかは重要で、相続税の観点から受取人を選ぶことができる。

 財産のバランスを見て、相続税がかからないように検討する必要がある。