· 

身内の訃報が発生した場合

 身内の訃報が発生した場合の連絡手続きについてのアドバイスを提供します。以下は主なポイントです:

 

 臨終時の連絡:

 

 臨終が迫った場合、親族や親しい友人への連絡は迅速に行うべき。

 三親等の親族や親しい友人を中心に、生前に連絡先のリストを準備しておくことが望ましい。

  • 訃報の伝え方:

 死亡直後には、亡くなった人の名前、亡くなった日時、死因、葬儀の日時・場所、連絡先などの基本情報を伝える。

 情報を冷静かつ確実に伝え、急がずに連絡を行うよう心がける。

  • 挨拶のしかた:

  亡くなった直後には、親族や故人が会いたがっていた友人に死亡の第一報を伝える。

 連絡範囲は遺族や故人の希望に従いつつ、社会的にも広く知らせる必要がある。

  • 事後報告:

 事後報告も検討されるが、お互いに連絡先を知っている場合は、できるだけ早く連絡を差し上げることが良い。

 小規模な「家族葬」を行った場合、その旨を伝える。

  • 相談相手の選定:

 喪主が経験豊かな友人や親戚になることもあり、経験に基づいたアドバイスが得られる。

 葬儀ディレクターなどのプロに相談することも考慮される。