· 

遺言書の作成が重要な理由

 遺言書の作成は、家族の仲が良いときこそ重要です。

 相続紛争の増加や権利意識の高まり、核家族化などの社会的背景を考慮すると、将来の不確実性に備え、遺言書を残すことは家族の平和な相続手続きを促進します。

 以下に、遺言書の作成が重要な理由を整理します。

  • 争いの未然防止:

 家族が仲が良いからこそ、将来の相続で争いが生じないとは限りません。争いが起きる可能性が低い状態であっても、争いを未然に防ぐためには、明確で公正な取り決めが遺言書に記載されていることが重要です。

  • 法的な規定に従う:

 遺言書は法的な文書であり、法定相続分や法的手続きを明確にするものです。

 法律に基づいた遺産分割を実現し、家族の納得感を高めます。

  • 権利の保護:

 遺言書は相続人の権利を保護します。

 遺留分や法定相続分を考慮して、各相続人が公平に相続できるように定められます。

  • 家族の理解促進:

 遺言書には、相続人がどのように財産を分割・相続するかについての詳細な情報が含まれるため、家族全体が納得しやすくなります。

 家族内での理解促進に寄与します。

  • 意思表明と遺志尊重:

 遺言書は遺者の意思を明確に表明する手段です。

 家族や親族が遺志を尊重し、納得した相続が行われます。

  • 裁判所の介入回避:

 遺言書が明確な指示を含んでいれば、裁判所の介入を避けることができます。

 これにより、手続きがスムーズかつ迅速に進む可能性が高まります。

  • 将来の変化への対応:

 家族や財産状況は時間とともに変化します。

 将来の不確実性や変化に備え、遺言書を更新することができます。

  • 感情的な負担の軽減:

 遺言書によって、亡くなった家族の遺族が相続財産について不安や疑問を抱えることを軽減できます。

 明確な取り決めがあり、感情的な負担を和らげる効果があります。

 したがって、家族が仲が良いからこそ、冷静かつ明確な遺言書を作成し、将来の不安定要因に備えておくことが重要です。

 これにより、家族の絆を保ちつつ、円満で公平な相続が実現できます。