· 

マンションと一戸建て

 親の家が有効活用しやすい「マンション」と、一戸建ての中でも特に古い物件の課題と可能性についてまとめます。

 

マンションの有効活用について:

  • 便利な立地:

 マンションは一般的に便利な立地に建てられることが多く、都心部や交通アクセスの良いエリアに位置しています。これが、売却や賃貸において有利な要素となります。

 

  • 判断しやすい建物の状態:

 マンションの建物は集合住宅であり、管理体制が整っていることが多いため、建物の状態や管理状況を判断しやすい特徴があります。これが売却や賃貸の判断材料となります。

  • ファミリー世帯や単身世帯向け:

 中古住宅の需要層は20〜40代の夫婦共働きやファミリー世帯、単身世帯が中心であり、これらの層は通勤時間の短縮や生活の利便性を求める傾向があります。

 マンションがこれらの要件を満たすことが多いため、有効活用しやすいです。

  • 古い一戸建ての課題と可能性:
  • 築年数の影響:

 一戸建ての場合、築年数が上がると建物評価が低下する傾向があります。

 特に昭和55年以前に建てられた築40年超の古い物件は、全体の2/3を占めるとされ、価格に影響を与えます。

  • リフォームの必要性:

 築25年超の一戸建ては水回りや床・壁が劣化しやすく、使用感が悪くなることがあります。

 そのため、売却や賃貸の際にはリフォームが必要とされることがあります。

  • 個別性が重要:

 ただし、一戸建ては個別性が高いため、建材やメンテナンスの行き届いた物件であれば、築年数が経っていても価値が維持されることがあります。

 このような物件は個別の魅力を強調し、プラスの建物評価に繋げることができます。

  • 成功例も存在:

 築30年を超える一戸建てでも、建物の傷みがほとんどなく、使われている木材が希少であるなどの特徴があり、成功例も存在します。

 個別性や良好なメンテナンスが評価され、査定額を引き上げることが可能でした。

 親の家の有効活用を検討する際には、物件の特性や築年数だけでなく、個別の状態や良好なメンテナンスがポイントとなります。