· 

アパート営業マンのトーク

 アパート経営を勧める際に、「相続対策だから儲からなくてもいい」というトークに対する注意が必要です。以下に、主な要点をまとめます。

  • アパート経営は事業である:

 アパート経営はビジネスであり、収益を上げることが重要である。

 借入金の返済や納税資金の確保など、マネジメントの基本を実践する必要がある。

  • 相続対策を名目にした言葉に注意:

 営業マンが「相続対策だから儲からなくていい」と言う場合、これは慎重に判断すべきである。

 アパート経営の本来の目的を逸脱し、相続税対策という名目で言葉がごまかされている可能性がある。

  • 収益を上げつつ相続対策も可能:

 利益を上げることと相続対策を両立させる手法は存在する。

 営業マンの言葉にだまされず、具体的なプランや見積もりを検討する際には慎重になるべきである。

  • 工費設定のごまかしに注意:

 あるケースでは、相続対策を名目にしているが、実際には工費を高めに設定している可能性がある。

 営業トークにだまされず、慎重に見積もりを確認することが重要である。

 アパート経営において「相続対策」を理由にして利益を度外視するトークに対する慎重な姿勢が必要です。