· 

タワーマンション購入の相続税対策

 タワーマンション購入の相続税対策と注意事項相続税対策の概要:

  • 分譲価格と相続税評価額の差異:

 タワーマンションの高層階は一般的に高い分譲価格がつくが、相続税評価額は床面積を基準にするため変わらない。

 購入価格と相続税評価額に差があれば、節税の余地が生まれる。

  • 節税の仕組み:

 高層階のタワーマンションを相続税評価額より低い価格で購入することで、相続税を削減できる。

 

注意事項と事例:

  • 租税回避行為の可能性:

タワーマンション購入が節税手段としてのみ行われ、租税回避と見なされる可能性がある。

公正な評価を受けるためには、適切な節税目的以外の理由での購入も示唆される。

  • 失敗事例:

被相続人が亡くなる前にタワーマンションを購入し、相続税評価額を大幅に低く申告。

相続後に同マンションを高値で売却したケースが租税回避と見なされ、相続税評価が修正された。

  • 法改正の可能性:

 現行の節税手段が将来的に規制される可能性があり、法改正に注意が必要。

 所得税の減価償却概念が相続税評価に組み込まれる可能性も考えられる。

 

リスク分散と注意事項:

  • 資産の分散:

 タワーマンション購入による節税を行う際には、リスク分散が重要。

 あくまで節税対策の一環とし、全財産を投資しないようにする。

  • 計画の慎重さ:

タワーマンションの節税手段は一時的なものである可能性がある。

法改正や通達により、節税効果が減少するリスクも考慮に入れる。

  • 現金の保有:

 タワーマンション節税を行った場合でも、現金を保有しておくことが重要。

 予測できないアクシデントや支出に対処できる余裕を持つ。

  • 結論:

 タワーマンションの購入による相続税対策は一般的であるが、租税回避行為と見なされないよう慎重に計画が必要。

 法改正や通達により、節税手段の有効性が減少する可能性があるため、リスク分散が重要。

 タワーマンション節税は将来的な法改正に備えつつ、適切な計画と専門家のアドバイスを受けるべき。