· 

不動産が財産の大半を占める場合

 不動産が財産の大半を占める場合の基本的な相続税対策の進め方について考えていきます。

 1. 現金化が難しい場合の対策:

  • 相続税の納税が難しい場合:

 不動産しか相続財産がない場合、相続税の納税が難しい可能性がある。

 事前に相続税対策が必要であり、特に土地や家屋などの現金化が難しい場合は、早めに対策を検討する。

  • 相続財産の組み換え:

 売却可能な不動産がある場合は、それを売却して現金化を図る。

 不動産の組み換えを検討し、法人を設立してアパートやマンションなどの収益物件を購入することで相続税の負担を軽減する。

  • 相続人の了解を得る:

 不動産の売却や法人設立、物件の譲渡などの対策を行う際は、相続人全員の了解を得ることが重要。

 

 2. 専門家への相談:

  • 法人設立の検討:

 不動産の法人への譲渡には「小規模宅地等の特例」が適用されるか確認が必要。

 法人設立が最適な方法かどうかを判断するために、税理士や不動産の専門家に相談する。

  • 複数の専門家のアドバイス:

 業者や専門家によって提案が異なる場合があるため、複数の専門家からアドバイスを受け、最適な方法を検討する。

  • セカンド・オピニオン:

 不動産の取引などにおいて、派手な広告を出している業者だけでなく、別の専門家やアドバイザーからの「セカンド・オピニオン」も重要。

 

 3. 利用可能な選択肢の検討:

  • 不動産の組み換えや建替え:

 自宅や余った土地を活用してアパートやマンションを建設する。

 不動産を売却して都心に中古の収益物件を購入する。

  • 相続税対策の観点:

 一戸建てと同じ床面積のマンションの方が、相続税の評価額が小さくなる可能性がある。

利用可能な選択肢を専門家に相談しながら検討する。

 状況によっては、相続財産の具体的な性質や地域の不動産市況などを考慮して、最適な相続税対策を専門家と協力しながら進めることが重要です。