· 

出口作戦

 アパート・マンション経営において、「出口」作戦、つまり物件の売却に備える必要性についてです。

 主なポイント:

  • 売却のタイミング:不動産投資においても、株式投資と同様に、損失を抱えたまま物件を保有し続けるよりも、早めに売却を決断することが重要。将来の見通しが厳しい場合や急な現金需要がある場合など、出口戦略が必要。
  • 長期収益とリスク:アパート経営は長期的に収益を上げることが期待されますが、うまくいかない場合もあります。相続時に継承者がいない場合や、土地や建物の評価が下がり資金が不足する場合、早期の売却がベストな選択肢になることも。
  • 住宅メーカーの出口戦略:住宅メーカーが建築後の物件の将来の売却価格までシミュレーションすることは少ない。不動産投資に精通したプロであれば、出口戦略を考慮して事業計画や収支プランを策定することが一般的。
  • プロのアドバイスの重要性:出口戦略はプロのアドバイスを得ることが重要。物件の売却には様々な要因が影響し、それを的確に判断するためには専門的な知識や経験が必要。

 この内容から分かるように、アパート・マンション経営においては、将来の出口戦略を考慮し、売却の可能性に備えることが重要であり、プロのアドバイスを得ることも一つの鍵となります。