· 

大手の企業なら安心という考え

 住宅メーカーの営業マンが「大手の企業なら安心」という考えに対して注意を促します。以下に主なポイントをまとめます。

  • ブランド信仰の危険性:

 大手住宅メーカーが芸能人を起用したCMで安心感を与えているが、安易なブランド信仰が危険であると指摘されます。

 特に住宅や金融などの専門分野では、無難に「寄らば大樹の陰」となりがちである。

  • 実例に基づく注意喚起:

 一般的に知られている大手メーカーの実際の事例をもとに、ブランドの知名度だけで信頼するべきでないという注意喚起がされます。

  • コンプライアンスと業界の甘さ:

 近年のコンプライアンスの重要性が強調されている中、不動産業界はまだまだ「甘い」と見なされている。

 一昔前の営業スタイルの改善はあるものの、金融機関と比べて不動産業界の説明責任が不足している可能性が指摘されます。

  • 資料や広告の注意喚起:

 賃貸住宅を扱うメーカーの資料やホームページに掲載されたデータに対しても注意が喚起されます。

 掲載されたデータが過去の試算や推計であり、各省庁の発表とは異なることが指摘されています。

  • 実績やブランド力の検証の必要性:

 メーカーがアピールする「賃貸経営に関する○年のキャリア」や「95%の入居率」などの実績やブランド力に対しても、安易に信じるべきではないと警告されます。

 これまでの実績が今後も維持できるかどうかに疑問があります。

 

CM制作費の考慮:

 

 テレビCMで使用される有名タレントや制作費は、建築原価に転嫁され、顧客の負担となる可能性があります。

 このような注意喚起を通じて、大手企業であってもブランドだけでなく、実際の取り組みや将来の安定性を検証する必要があります。