· 

家賃保証2

 家賃保証に関するさらなる注意点です。以下に要点をまとめます。

  • 契約解除の可能性:

 家賃保証契約において、賃料減額を拒否した場合、一方的に契約を解除することができる可能性がある。

 

「協議が整わない場合、一定期間ののちに本契約を終了させることができる」といった契約内容が存在し、オーナーに対して強制的な賃料減額を行う権限がある。

  • 問題事例の存在:

家賃保証に関連して、悪質な事業者が賃料引き下げの拒否に対し、契約解除だけでなく入居者全員を別の物件に転居させるといった強硬手段に出る問題事例が存在する。

これにより、家主が被る損害や入居者の不安が生じる。

  • 制度改正と説明責任:

 国土交通省は2016年に「家賃減額リスク」などの説明を義務づける制度改正を行い、2018年からは違反業者の公表も行っている。

 ただし、これに適用されるのは同省の登録制度に参加している業者のみであり、全体の約1割に過ぎない。

  • 悪徳業者の駆逐の課題:

 悪徳業者の排除にはまだまだ時間がかかるとされており、一部の業者による不当な契約解除や強引な手法が存在している。

 要約すると、賃料減額に対する管理会社の一方的な権限や問題事例が存在し、これに対処するためには改正された制度や適用範囲を拡大する必要があるとされています。