· 

家賃保証制度

「家賃保証」制度においての注意点に焦点を当てます。以下に要点をまとめます。

 

  • 家賃保証の仕組み:

 家賃保証は、オーナーが管理会社に対して一括で賃貸借契約を結ぶことで、管理会社が家賃の一定割合を差し引いてオーナーに支払う契約形態である。

 保証料は通常、10~20%程度。

 

  • 賃料の見直し:

 家賃保証期間中であっても、一定期間ごとに家賃の見直しが行われることがある。

 家賃査定書に基づき、周辺の家賃相場や入居者の確保の難しさに応じて、賃料の引き下げが行われる可能性がある。

 

  • 契約期間の注意点:

 家賃保証の契約期間は一般的に10~30年程度。しかし、契約期間中でも修繕工事の必要性や入居者確保の難しさにより、賃料の引き下げが求められることがある。

 長期契約期間が終了する頃に、築年数が経過し老朽化が進んだ物件が大規模な修繕工事を必要とし、そのタイミングで契約が切れるリスクがある。

 

「保証」の名のもとにあるリスク:

 家賃保証は名前に「保証」がついているが、実際には常に賃料が減額されるリスクが存在するため、「保証」の名前に惑わされないように注意が必要。

 このように、家賃保証は一見すると安心感がありますが、実際には賃料の見直しや契約期間の注意が必要であります