· 

相続前に一族全員で話し合いを行うメリット

 相続前に一族全員で話し合いを行うメリットや相続前に行うべきポイントについてまとめます。

 

 相続前の話し合いのメリット:

  • 相続税対策のプランニング:

 一族全員が揃って話し合うことで、相続税対策を含む将来のビジョンを共有できる。

 法人を作り不動産ビジネスを展開するなど、具体的なプランを策定する。

  • 生活スタイルの理解:

 親の老後の希望やライフスタイルなどを共有し、お互いの理解を深める。

 将来の住まいや介護の希望などを話し合うことで、相続に関するプランニングがしやすくなる。

  •  トラブル回避:

 お互いの期待や意向を話し合うことで、将来のトラブルを回避できる。

 相続に関する誤解や認識の違いを解消することが重要。

 

 相続前に行うべきポイント:

  • プラス・マイナスの資産をチェック:

 相続においてはプラスだけでなく、マイナスの資産も確認する。

 借金や連帯保証人になっていないかを厳密にチェックし、相続時の負担を予測する。

  •  相続人の数を確認:

 戸籍謄本を取り寄せて相続人の数を確認する。

 離婚、養子、認知などがある場合、正確な相続人の数を把握することが重要。

  • 連帯保証人の確認:

 マイナスの資産の中に連帯保証人が含まれていないかを確認する。

 連帯保証人も相続され、相続人が借金を背負う可能性がある。

  • 相続手続きの期限を把握:

 相続開始後3カ月以内に相続するかどうか、相続放棄をするかを決め、相続税の準確定申告や相続税の申告期限(10カ月以内)を把握する。

 これらのポイントを把握し、一族全員で話し合いを行うことで、将来のトラブルを回避し、円滑な相続プロセスを進める基盤を築くことができます。