· 

節税に関する一般的な情報と節税の方法

 節税に関する一般的な情報と節税の方法について述べます。

 

 節税の種類

  • 恒久的な節税: 経費の増加や税額控除の活用などを通じて実現。

 繰り延べ型の節税: 当期の経費を多く計上し、税額を減らして翌期以降に利益を繰り延べる。

  • 法人化による節税

 法人税と所得税の税率の違いを利用して節税する方法がある。

  • 繰り延べ型節税の例

 保険の加入、オペレーティング・リース、特別償却などが挙げられる。

  • 更正の請求による節税

 納めすぎた税金を取り戻す手続きとして「更正の請求」があり、相続税の場合は5年以内に行うことができる。

  • 相続税の更正の請求

 不動産評価の見直しによるものが多く、税理士の経験や専門性が重要。

  • 税制改正へのリスク

 節税対策は否認リスクがあるため、王道となる対策を戦略的に実行することが重要。

 税制が改正されるリスクもあるため、注意が必要。

  • 相続税における税率の高さ

 日本の所得税・相続税の最高税率が高いため、節税対策の実行が重要。

  • 税金対策の確実性

 資産運用ほどの不確実性がなく、答えが比較的はっきりするため、税金対策は確実に成果が期待できる領域とされている。

 節税には様々な手段があり、それぞれの方法を適切に活用することで税金を効果的に節約できます。