· 

親の家を不動産会社に委ねる場合

 親の家を不動産会社に委ねる場合や遠隔地での取引に関するアドバイスです。

  • 不動産会社への足を運ぶべき理由:

 親の家を売却や貸し出しする場合、最初に不動産会社に足を運び、査定や家賃設定について直接説明を受けるべきです。

 これにより、信頼性のある不動産会社かどうかを確認できます。 一度売却や貸し出しの手続きが進むと、その後のやりとりは電話やメール、ファクスで十分対応できる場合があります。

  • 遠隔地での契約手続き:

 売買契約を行う場合、遠隔地でも持ち回り契約が可能です。

 契約書を郵送してもらい、実印を押し、印鑑証明を添付して送り返す方法があります。

 引き渡しの際も、郵送された登記関連の書類に押印し、返送することで、出向かずに手続きができます。

  • 不動産取引の情報サイト:

 国土交通省監修、不動産流通推進センター運営の「不動産ジャパン」のホームページは、不動産取引に関する基本的な情報から、税金や法律、トラブル事例まで網羅されています。

 「不動産ジャパン」は中立で公正な立場から情報を提供しており、不動産取引に関する知識が豊富なサイトとされています。

 これらのアドバイスは、遠隔地での不動産取引に関する不安や課題に対処するための具体的な手続きや情報提供を提案しています。