· 

遺産分割における時間と遺言書の必要性

遺産分割における時間と遺言書の必要性

  • 遺産分割の時間かかり具体例:

遺産分割は調停や審判を経て、解決までには時間がかかることが多い。

家庭裁判所統計によると、1年以上かかるケースが全体の約32%、2年以上かかるケースが約9%、3年以上かかるケースも約4%存在する。

  • 遺言書が解決の鍵:

遺言書は遺産分割のスムーズな進行に大きく寄与する。

遺言書がない場合、相続人間での話し合いに時間がかかり、争いの原因にもなる。

  • 遺言書のイメージに対する誤解:

遺言書に対する「縁起が悪い」「死ぬ間際に書くもの」という誤解が存在する。
事実としては、遺言書は健康なうちに作成することが推奨される。

  • 家族への理解の喚起:

遺言書が縁起が悪いと感じる場合、家族への理解を喚起する必要がある。

遺言書が健康なうちに書くものであり、死を意識せずに計画的に行うものであることを説明する。

  •  遺言書のメリット:

遺言書を書くことで、相続人同士の争いや感情的な負担を軽減できる。

遺言書があれば、相続に関する不安や心配がなくなり、残された人々は安心して生活できる。

  • 長寿をサポート:

遺言書があることで相続に関する問題が解決し、残された人が心配事から解放され、逆に健康に良い影響をもたらす可能性がある。

  • まとめ:遺産分割においては、遺言書が迅速かつ円滑な解決に大きく寄与する。時間のかかる家庭裁判所の手続きや感情的な問題を避け、健康な状態で計画的に遺産分割を進めるためにも、遺言書の作成が重要である。