· 

遺言書の重要性2

 遺言書の重要性

  • 相続人全員の同意が必要な遺産分割

 遺言書がない場合、相続人が同意しないと遺産分割が成立しない。

 これが難しい場合、家族内で対立が生じる可能性がある。

  • 遺言書の法的要件

 遺言書は法的な要件を満たす必要があり、全文、日付、氏名の自署と印鑑が必要である。

 口約束や口頭の約束は法的に有効ではない。

  • 専門家の助言

 弁護士や税理士に相談し、遺言書を専門家に作成してもらうことが望ましい。

 遺言書が信頼できる人物に預けられる。

  • 争続トラブルの防止

 争続を避け、トラブルを防ぐ最も有効な方法は、遺言書を残すこと。

 

相続トラブルへの備え

  • 相続税申告と遺産分割

 相続税の申告期限は10カ月以内。遺産分割はこの期間内で解決する必要がある。

 相続税の申告後も争いが続く傾向があり、遺言書の有効性が問われる場合がある。

  • 遺留分の考慮

遺言書を作成する際には、法定相続人が受け取るべき「遺留分」も考慮する必要がある。

  • 予期せぬ事態への備え

相続では予期せぬ事態が発生することがあり、その際にトラブルが発生する可能性がある。

  • 高齢者の遺言書作成への意識向上

高齢者の中では、遺言書を作成する意識が不足しており、これが相続トラブルの増加につながっている。

  • まとめ

 遺言書が相続トラブルを回避する上で非常に重要であります。

 特に、口約束や口頭の約束は法的に有効ではなく、遺言書を法的要件を満たして作成することが望ましいとされています。

 相続税の申告期限が10カ月という限られた期間内で解決が必要であり、争いが続く傾向があります。