· 

不動産査定書とは

不動産査定書に関するまとめ

 

1.   不動産査定書とは

 不動産査定書は、主に不動産の時価を示す書類で、不動産の土地と建物の時価を考慮して作成されます。不動産価格は景気や築年数によって変動し、査定書は適切な売り出し価格を決定するために必要です。査定価格は不動産会社の見積もりであり、売却を保証するものではありません。

 

2.   不動産鑑定評価書との違い

 不動産査定書と不動産鑑定評価書はどちらも不動産の時価を示す書類ですが、鑑定評価書は国家資格者である不動産鑑定士が厳格な基準に基づいて作成するもので、評価方法のルールが定められています。一方で、査定書は不動産会社や鑑定事務所により査定基準が異なり、査定者によって自由に評価が行われます。

 

3.   無料と有料の違い

 不動産査定書には無料と有料のものがあります。不動産会社に依頼する場合は無料で、主に売却のための査定に利用されます。一方で、不動産鑑定事務所に依頼する場合は有料となり、様々な目的に対応可能です。不動産会社の査定は売却が前提であり、成功報酬の仲介手数料が報酬として受け取られます。

 

4.   ひな形・テンプレート・表紙のサンプル

 不動産査定書には一定のひな形やテンプレートが存在せず、多様な形式があります。公益財団法人不動産流通推進センターが提供しているサンプルでは、土地査定書や戸建て査定書、マンション査定書などがあります。枚数が少ない場合もあり、形式は査定者により異なります。

 

5.   無料の不動産査定書の依頼方法

 不動産査定書を依頼する際には、権利証や確定測量図などの必要書類があります。不動産会社に依頼すると無料で査定が行われ、一括査定サイトを利用すると複数の不動産会社に同時に依頼できます。不動産の目的や特定の条件での査定を行う場合、不動産鑑定事務所に有料で依頼することも可能です。

 

6.   まとめ

 不動産査定書は不動産の時価を示す重要な書類であり、売却前や相続などさまざまな目的で利用されます。無料の査定書は主に不動産会社によって提供され、有料の査定書は不動産鑑定事務所に依頼することができます。必要な書類を揃えて査定を依頼することで、不動産の価値を正確に把握することができます。