· 

介護負担と相続における寄与分

護負担と相続における寄与分

  • 介護の肉体的・精神的負担:

介護は肉体的・精神的に大きな負担がかかる。

特に親の介護は、家族にとっては感情的にも複雑な経験となる。

  • 同居して介護を担当した場合:

長男が同居して介護を担当した場合、その負担は他の相続人が理解しづらいことがある。

  • 相続における不公平感:

法定相続分だけで分割すると、介護に貢献した人の不公平感が生じる可能性がある。

  • 遺言書による解決:

面倒を見てくれた親が、介護に貢献した家族に対して、他の相続人よりも多くの財産を相続できるような遺言書を作成することが提案される。

  • 寄与分の制度:

相続手続において、寄与分の制度が存在する。

寄与分は貢献した程度に基づき、その人に相応の財産を与える仕組み。

  • 寄与分の認定:

寄与分の認定は相続人全員で話し合って決める。

合意が得られない場合、家庭裁判所の調停または審判の手続きで解決。

  • 遺言書の重要性:

寄与分が相続人だけに認められるため、家族外の介護者なども含めた貢献者には遺言書が必要。

  • まとめ:介護において家族がどれだけ貢献したかを評価し、感謝と公平さを考慮した相続プランを作成することが大切。遺言書や相続人全員でのコミュニケーションがスムーズな相続手続きにつながる。