· 

土地の有効活用の手法

有効活用の手法:

 

1.   自己建設方式:

 すべてのプロセスを土地オーナーが直接行う。

 知識や時間が必要で、成功時の収益は大きいがリスクも高い。

 

2.   事業受託方式:

 建物は土地オーナーが建て、デベロッパーが事業全体を受託。

 土地オーナーに賃貸経営ノウハウがなくても始められるが、報酬を支払うため収益は減る。

 

3.   建設協力金方式:

 テナントが建設協力金として貸付を行い、土地オーナーはそれを建築資金として使用。

 土地オーナーは融資を受けずに建築でき、キャッシュフローが増える。

 テナントが退去しても未返済分は返還されない。

 

4.   土地信託方式:

 土地を信託財産として信託銀行に託し、建物を建築。

 信託銀行が入居者から得る賃料から報酬を差し引いた後、土地オーナーに配当を支払う。

 立地条件が重要で、土地信託を行える不動産は限られる。

 

5.   等価交換方式:

 土地オーナーが土地を提供し、建物の持ち分を売却し換金。

 土地オーナーが一部の建物を取得するが、一部はデベロッパーが所有。

 

6.   定期借地権方式:

 土地オーナーが土地を借り主に貸し、建物を建てる権利。

 定期借地権は契約期間が満了すると契約は更新されず、土地は必ず地主に戻る。

 

  以上の手法の中から、相続した不動産の種類や状況、土地オーナーのニーズに合った最適な手法を選択することが重要。

  信頼できる専門家の助言を得ながら、将来的な資産の管理と成長を検討することが推奨されます。