· 

現状分析を行うための4つの観点

1. 現状分析を行うための4つの観点

 

1.   相続税の試算:

 現在の財産合計と相続税の試算を行い、将来の相続に備える方向性を把握する。

 試算により、予想以上の相続税額がかかる可能性や安心感を確認する。

 

2.   相続税の納税資金の準備:

 相続税は亡くなってから10か月以内に納税が必要。十分な納税資金の確保が必要。

 不動産や会社経営者の場合は特に留意が必要。保険金や生前贈与などを活用して資金を確保する。

 

3.   保有財産の評価方法:

 財産の種類ごとに相続税法上の評価方法を理解する。

 特例や優遇措置を活用し、最適な評価額を確保する。

 

4.   相続税を考慮した遺言:

 遺言を通じて相続人ごとに税務上のメリットを最大化する。

 財産争いを避けるため、相続税の観点からも適切な内容を検討する。

 

2. 相続税の軽減効果を狙った対策

 

1.   生前贈与の活用:

 相続税軽減のために生前贈与を始める。

 贈与額や贈与税の範囲を考慮し、将来的な相続税の軽減を狙う。

 

2.   税理士の専門知識の活用:

 相続税に特化した税理士の選択が重要。

 相談を通じて適切な税務対策を講じる。

 

3.   生命保険の活用:

 生命保険を相続税の納税資金として活用する。

 相続発生時のスムーズな資金調達を確保する。

 

4.   遺言の精密な作成:

 遺言を相続税の観点から詳細に検討し、相続人ごとの税務上のメリットを確認する。

 財産争いを回避するためにも重要な手段。

 

 これらの対策は相互に影響し合い、バランスを取りながら進めることが大切。

 相続税に関する懸念がある場合は、専門の税理士と相談し、的確な対策を講じることが重要です。