· 

遺産分割と遺言書の必要性

遺産分割と遺言書の必要性

  • 遺産分割事件のデータ:

令和2年の遺産分割事件のデータによれば、遺産総額の約35%が1000万円以下で、これは実質的に数百万円程度のケースが多かった。

遺産総額が5000万円以下の事件がおおよそ4分の3を占め、逆に1億円以上が7%ほどであった。

  • 遺産の少なさがもめる原因:

遺産が少ない場合でも、相続人間での感情的な問題や認識の相違から争いが生じることがある。

2人以上の相続人が関与する場合、遺産総額が少なくてもトラブルが発生する可能性がある。

  • 遺言書の必要性:

遺言書は財産の多寡に関係なく、相続におけるトラブルを防ぐために重要である。

遺言書があれば、相続人同士の合意や細かな取り決めを事前に明確にできるため、事件発生時のスムーズな手続きに寄与する。

  • 財産が多い場合の誤解:

財産が多い場合でも、相続人同士の合意が難しい場合がある。金額の多寡だけでなく、感情や家族の歴史が影響を与える。

  • 遺言書のメリット再確認:

遺言書があると、相続人同士の間での意見の食い違いや紛争を未然に防ぎ、円滑な遺産分割が期待できる。

遺言書は財産の明示だけでなく、貢献度や感謝の意を示すための手段としても活用できる。

  • まとめ:財産が多い・少ないにかかわらず、遺言書は相続におけるトラブル防止やスムーズな手続きを支援する重要な文書である。

特に感情的な問題が起こりやすい家族の場合、遺言書が争いを未然に防ぎ、家族間の信頼関係を損なわないようにする役割がある。