· 

遺産分割協議と兄弟姉妹の不仲

遺産分割協議と兄弟姉妹の不仲

  • 不動産分割の難しさ:

不動産の相続が一般的にもめる原因のひとつ。

建物の半分ずつ分けることが難しく、土地の分筆によっても価値が下がる可能性がある。

  • 長男と次男の対立:

長男が実家を相続し、同居を続けたいという一般的な意向と、次男も同様に実家を相続したいという要望が対立することがある。

家族の中で誰が相続権を行使するかについての不一致が生じやすい。

  • 相続人全体の同意:

一部の相続人が同意しても、全体で意見がまとまらなければ問題が解決しない。

特に不動産の価値評価に関する合意が難しい場合がある。

  • 評価額の不一致:

家や土地の評価が不一致で、それによって相続人の取り分が変動する場合、評価に対する納得が得られないことが争点になる。

  • 感情的な対立:

兄弟姉妹間での相続の是非や取り決めに対する感情的な対立が、遺産分割協議を困難にする原因となる。

  • 相続争いの懸念:

遺産分割の難しさと感情的な対立が重なり、相続争いが発生する可能性がある。

  • 注意点:

不動産の分割や評価額の問題に対する合意形成が重要。

遺産分割協議は冷静かつ公平な意思決定が求められる。

弁護士や仲裁者の介入が有益な場合があり、感情的な問題を解決する助けになる。