· 

遺言書の存在を知らずに分割協議

  遺言書の存在を知らずに分割協議を行う際の注意点

  • 遺言書の存在と無効協議の可能性

  遺言者の相続人が遺言書の存在を知らずに分割協議を進めると、後で遺言書が発見された場合、その協議が無効となる可能性がある。

  包括遺贈や包括受遺者の概念に留意し、遺言書の内容が協議に影響を与える場合がある。

  • 後遺言優先の原則

  民法第1023条により、後に作成された遺言書が優先される「後遺言優先の原則」が適用される。

  遺言書の日付が新しいものが有効とされ、抵触する部分において後の遺言が優先する。

  • 公正証書遺言・秘密証書遺言の確認方法

  日本公証人連合会が管理するデータベースを利用して、公正証書遺言の存在を検索できる。

  公正証書遺言の場合、死亡後に相続人が謄本を請求することが可能。

  秘密証書遺言については、公証役場での保管がないため、発見の難しさに留意する必要がある。

  • 遺言書の偽造・変造の検認手続き

  遺言書の保管者や相続人は、死亡後遅滞なく家庭裁判所に提出し、検認手続きを請求する必要がある。

  遺言書の形状や内容を確認し、偽造・変造を防止するための手続きであり、遺言の有効性判断ではない。

  • 検認済証明書の重要性

  検認手続きが終わった遺言書には検認済証明書が発行され、その後の相続手続きや不動産の登記に必要とされる。

  不動産の相続登記においては、検認済証明書の提出が必要となる。

  注意:遺言書に関する手続きや検認に関する法的な要件は、国や地域によって異なる場合があります。

  法的なアドバイスを受ける際は、現地の法律事務所や専門家に相談することが重要です。