訳あり不動産事例

訳あり不動産事例

  1. 共有持分に関するトラブル
    • 兄弟姉妹などが共有している土地の持分に関するトラブルが多発。
    • 共有者同士の合意が取れず、売却や賃貸が難しい状況。
  2. 再建築不可案件(法的瑕疵)
    • 建築基準法などの法令に違反している不動産が一部の事例で見受けられる。
    • 再建築が難しく、法的問題が絡む。
  3. 事故物件(心理的瑕疵)
    • 過去に不審死や事故があった物件が存在し、心理的な瑕疵が問題となる。
    • これにより市場価値が低下し、売却が難しい。

共有持分における問題点

  1. 意思統一の難しさ
    • 共有者同士の関係が悪化し、意思統一が難しい状況が生まれる。
    • 売却や賃貸のための合意が取れない場合が多い。
  2. 登記費用や贈与税の課税
    • 共有持分の移転や贈与に伴い、登記費用や贈与税が発生する。
    • これがトラブルの原因となることがある。
  3. 感情の対立
    • 共有者同士の感情問題がトラブルを引き起こす。
    • 人間関係のもつれが解決を難しくする。

 

  1. 感情のもつれが解決難しい
    • 不動産トラブルにおいて感情のもつれが解決難しい事例が多い。
    • 内見時の一言で売却が中止されるケースもある。
  2. 再建築不可の法的問題
    • 再建築不可物件は法的問題が絡み、解決が難しいとされる。
    • 一般の不動産業者では手を出さない傾向がある。
  3. 専門的なサポートが必要
    • 士業との連携が不可欠で、訳あり不動産に特化したアプローチが必要。
    • 専門性の高いプロが関与することでスムーズな解決が期待できる。

まとめ

 

  • 共有持分に起因するトラブルが半数以上を占め、再建築不可物件や事故物件も多く取り扱っている。
  • 人間関係の感情のもつれが最も解決が難しい要因である。
  • 不動産トラブルにおいては、早い段階で専門家への相談が重要。