· 

一次相続と二次相続での相続税額の違い

 早見表: 一次相続と二次相続での相続税額の違い

 

 二次相続への備えと対策

1. 生前贈与の活用

  • 年間110万円までの生前贈与は非課税。二次相続時の相続税軽減に有効。

2. 一次相続の遺産分割協議での話し合い

  • 配偶者控除を利用する場合、一次相続で相続税を軽減しても、二次相続時の税額が増加する可能性。二次相続を見据えた遺産分割協議が必要。

3. 一次相続での遺産分割時に子へ多くの財産を相続

  • 配偶者に生活費を残し、余剰分を子に相続させることで、二次相続時の相続税リスクを軽減。

4. 小規模宅地等の特例を二次相続でも活用可能に

  • 一次相続で特例を活用した場合、二次相続でも特例を利用できるようにする。

5. 二次相続特有の「相次相続控除」の活用

  • 一次相続で支払った相続税の一部が二次相続時に控除される。相次相続控除の対象条件を確認し、利用する。

 

 相続に関する具体的な計画や戦略には、個々の事情に応じた専門家のアドバイスが必要です。

 税理士や相続専門家に相談して、最適な対策を検討することが重要です。