· 

離婚後の共有名義不動産

 離婚時に共有名義の不動産をどう解消するかについてのアドバイスと手続きに関する情報を提供しています。

 

共有名義のままにするデメリット

  1. 関係の継続: 共有名義のままだと、離婚後も互いの関係が続く可能性があります。不動産の操作には共有者の同意が必要で、協議が必要な場合があります。
  2. 放置の可能性: 共有物件が放置される可能性が高まり、売却や賃貸などの活用が難しくなります。
  3. 維持費の負担: 不動産の所有には毎年の固定資産税や管理費がかかり、相手が協力しない場合に負担が一方に集中する可能性があります。

共有名義を解消する方法

  1. 持分の買収: どちらかが相手の持分を買い取る方法。
  2. 共同売却: 2人で協力して不動産を売却し、得た代金を分け合う方法。

不動産の評価の重要性

  1. 評価額の把握: 共有名義を解消する際には、不動産の正確な評価が必要。これは持分の買収や売却時の基準となる。
  2. 査定依頼: 不動産の価値を知るためには、不動産会社に査定依頼を行う。物件の内覧なしに簡易査定が可能な場合もある。

 

 離婚後の共有名義不動産に関する問題への対処方法と、手続きを円滑に進めるためのアドバイスです。