· 

建物を贈与する場合の節税効果

 建物を贈与する場合の節税効果についての説明です。

 以下はそのポイントをまとめたものです。

  • 建物を贈与した場合の節税効果:

固定資産税評価額をベースに課税: 建物を贈与する場合、贈与税は建物の固定資産税評価額をベースに計算されます。これにより、相続税評価額が固定され、節税効果が期待できます。

 

固定資産税評価額の算定: 建物自体の固定資産税評価額は、建築費用の一部に基づいて算定され、建物の種類によって異なります。

RC造ならば実際の建築費用の70~80%、木造ならば40~50%程度といわれています。

 

節税の具体例: 例えば、5,000万円の現金を建物に変え、その建物の固定資産税評価額が2,500万円だと仮定した場合、贈与税の課税対象は2,390万円となります。

これに基づいて45%の税率が適用され、贈与税は810.5万円となります。

 

基礎控除や控除額の適用: 贈与税には基礎控除や控除額が適用され、これにより課税対象額が軽減されます。

 

 これにより、節税効果が期待できる一方で、具体的なケースによっては法律の変更や税制改正などが影響を与える可能性があります。

 したがって、贈与や相続に関する重要な決定を行う際には、税務アドバイザーや専門家の助言を受けることが重要です。