· 

贈与に関連する法的な問題

 贈与に関連する法的な問題や税務上の注意点です。

 以下に、主なポイントをまとめてみます。

  • 名義預金の問題:

贈与された側が贈与を知らない場合、預金は相続財産の一部と見なされ、相続税がかかる可能性があります。

贈与された側は、贈与の事実を知り、通帳や印鑑を管理しておく必要があります。

  • 相続税の逃れ方:

「名義預金」で相続税を逃れることは難しく、税務署が調査を行う可能性があります。

マイナンバーと通帳の連携が進む中、名義預金が容易に発見されることが強調されています。

  • 贈与税の対策:

年間合計で110万円以下の贈与は「暦年贈与」とされ、贈与税の申告が不要です。

1100万円を10年にわたって110万円ずつ贈与する場合、「連年贈与」となり、贈与税の申告が必要です。

贈与された側が管理を任せ、毎年契約書を交わし、振込みで贈与を行うことで、贈与税の対策ができるとされています。

  • 振込みでの贈与:

贈与を現金で渡すのではなく、振込みを行い、証拠を残すことが重要です。

毎年の贈与契約書や振込みの日付を変えることで、1年ごとの贈与とみなされ、贈与税を回避できる可能性があります。

最終的には、法的なアドバイスや具体的な状況に基づいた専門家の助言が必要です。

税務や法律に関する事項は複雑であり、専門家のアドバイスを受けることが重要です。