· 

預金口座の凍結や手続きに関する問題

 相続時に預金口座の凍結や手続きに関する問題に焦点を当てます。

 以下に、主なポイントをまとめてみます。

  • 預金口座の凍結と相続手続き:

死亡届が出されると、銀行は相続人全員の同意が得られるまで、故人の預金口座を凍結することがあります。

これは相続に不公平や紛争が生じないようにするための措置です。

  • マイナンバーと預金口座の連携:

マイナンバーと預金口座が連携されると、死亡届が出されると同時に預金口座が凍結される可能性があります。これにより、相続人が銀行に申し出なくても凍結が行われます。

  • 手続きが面倒な場合:

葬式費用の引き出しや預金の凍結解除には、相続人全員の同意書が必要とされることがあります。

相続人全員が同意しない場合、手続きが複雑になり、特に相続人が音信不通な場合は解決が難しくなります。

  • 相続税と凍結された口座への入金:

相続税は、被相続人が亡くなった日から10か月以内に納める必要があります。

凍結された口座には入金ができないため、売却した品物の代金や約束された振込みができない場合、信頼できる相続人代表を選び、新しい口座に振り込んでもらう必要があります。

相続に関する法的な手続きや問題は複雑であり、具体的なケースによって異なります。

相続時には法律や税務の専門家の助言を受けることが重要です。