· 

相続破産に関する懸念

 相続破産に関する懸念や、その原因としての相続税制について説明します。

  • 相続破産の背景:

「相続破産」は相続により発生した負担が重くなり、最悪の場合、財産を失う状態を指す。

これは主に「相続税」が原因であり、その過大な負担が追い込まれる可能性がある。

  • 相続税の仕組み:

相続税は相続財産に対してかかる国税で、財産の額によって増減する累進課税方式を採用。

財産の中で最も高額になるのは通常、土地や建物などの不動産。

  • 土地所有者の相続税のリスク:

土地所有者が相続した場合、その土地が相続税の重要な要素となり、高い相続税額が課される可能性が高まる。

特に首都圏や地方の主要都市に土地を所有している場合、相続税の額が著しく大きくなる可能性がある。

  • 相続税の実際の状況:

被相続人1人当たりの相続税の額が近年2000万円台で推移しており、高額の相続税が課されている状況が示されている。

  • 土地持ちの注意点:

相続税制度が土地を所有するほど負担が重くなるため、土地を所有する人は相続計画を検討し、相続税の影響を最小限にする手段を模索する必要がある。

相続税の仕組みや土地所有者のリスクに焦点を当て、これに対処するための相続計画が必要であることが強調されています。