· 

生前贈与にかかる税金や費用

 生前贈与には、様々な税金や費用がかかります。以下に、主な項目について整理してみます。

 

1. 贈与税

  • 税率: 直系尊属(親から子へなど)に対する場合、特例税率がありますが、それ以外の場合は一般税率が適用されます。
  • 控除: 年間の基礎控除があり、超える分に対して税率がかかります。
  • 申告と納付: 贈与があった翌年の21日から315日までに贈与税の申告を行い、納付が必要です。

2. 不動産取得税

  • 税率: 土地にかかる税金で、課税標準額×3%です。
  • 課税標準額の特例: 2024331日までの取得においては、「固定資産税評価額×1/2」が課税標準額となります。

3. 登録免許税

  • 税率: 不動産の名義変更時にかかる税金で、「固定資産税評価額×2%」が税率です。

4. 専門家への依頼費用

  • 司法書士: 不動産の名義変更手続きに関する報酬が発生します。
  • 税理士: 贈与税申告に関する報酬が発生します。

5. 相続時精算課税制度

  • 特例控除: 60歳以上の親から18歳以上の子への贈与に対して、特例控除があります。2500万円までは贈与税がかからない制度です。

6. 配偶者控除

  • 特例控除: 婚姻期間が20年以上の夫婦の場合、贈与税の対象から控除される制度があります。最大2,000万円までです。

 

これらの税金や費用は、具体的なケースや法令の変更により異なる可能性があります。生前贈与を検討する際には、専門家のアドバイスを受けながら、慎重に計画を進めることが重要です。