· 

生命保険を相続税対策に活用する際

 生命保険を相続税対策に活用する際には、以下のポイントに留意することが重要です。

  1. 贈与手続きの重要性:
    • 贈与を行う場合は、贈与契約書を作成することが望ましい。
    • 贈与の事実を書面などに残しておくことで、将来の税務調査時に説明がしやすくなります。
  2. 贈与後のメリット:
    • 相続税の節税効果が期待できる。
    • 死亡保険金を相続税の納税資金として活用できる。
    • 遺産の分割トラブルを防ぎ、贈与者が意図した相続人に財産を渡すことが可能。
  3. 贈与後のデメリット:
    • 保険の契約者が子であるため、解約が子の判断に左右される可能性がある。
    • 贈与が途中で中断した場合、保険料を負担できなくなる可能性がある。
    • 贈与は特別受益に該当し、相続時の取り分が減る可能性がある。
  4. 専門家との相談:
    • 生命保険の選択や相続税対策については、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することが重要。
    • 種類や条件が異なる生命保険には注意が必要であり、専門家のアドバイスが役立つ。
  5. 契約形態の考慮:
    • ケース3のような保険に加入する場合、終身保険が適している可能性がある。
    • 保険の種類や特徴、保険料の詳細を検討し、目的に合った契約形態を選択する。

 

 相続税対策は個別の状況により異なるため、具体的な計画や戦略を検討する際には、専門家に相談することが重要です。

 また、贈与や保険の利用に際しては、将来の変化やリスクにも注意を払いながら検討することが賢明です。