· 

生命保険を相続税対策や資産の移転に活用

生命保険を相続税対策や資産の移転に活用する方法に関する情報を提供します。以下は、ポイントを要約したものです。

  1. 非課税枠の計算:
    • 相続人が受け取る生命保険の非課税枠は、特定の計算式に基づいて決定される。
    • 非課税枠は基礎非課税枠を上回る相続財産に対して適用され、相続税を軽減または免除する可能性がある。
  2. 契約者・被保険者・受取人の関係と税金の影響:
    • 契約者や被保険者、受取人の関係によって、相続税や所得税・住民税、贈与税の対象が変わる。
    • 相続税対策としては、被相続人が契約者であり、相続人が受取人となるように設定することが重要。
  3. 子どもを契約者として財産を贈与:
    • 親が子に生命保険を贈与することで、贈与税を回避できる可能性がある。
    • 贈与する金額を毎年110万円以下に抑えることで、贈与税がかからない。
  4. 受取人の指定と財産の確実な遺産伝承:
    • 生命保険の保険金は受取人固有の財産であり、指定された受取人は他の相続人との協議なしに保険金を受け取れる。
    • 被相続人は自分が望む相手に確実に財産を遺すことができる。
  5. 納税資金の確保と相続放棄:
    • 生命保険の支払いは死後迅速に行われ、相続税や葬儀費用の捻出に役立つ。
    • 相続放棄を選択した場合でも、生命保険の保険金は受け取れるが、非課税枠の利用はできない。
  6. 代償分割による相続のバランス:
    • 代償分割を活用することで、相続財産のバランスをとることができる。
    • 生命保険を代償分割に活用する場合、税金の負担を抑える可能性がある。

 

  これらのポイントを考慮しながら、生命保険を相続計画や税務対策に有効に活用することができます。

  ただし、具体的な状況によっては個別のアドバイスが必要となるため、専門家との相談も重要です。