· 

相続税の税務調査1

 相続税の税務調査に関する説明です。

 以下に、重要なポイントをまとめてみます。

 

1. 税務調査の実施頻度とタイミング

  • 相続税の税務調査は、実地調査や簡易な接触によって行われる。
  • 実地調査は、亡くなった被相続人の自宅を税務職員が訪問する形で行われ、簡易な接触は電話や文書による調査。
  • 調査は無作為ではなく、申告漏れや計算ミスが疑われるケースを優先的に対象にしている。
  • 税務調査は通常、申告書提出の翌年か翌々年の8月から11月に行われることが多い。ただし、3年以上経ってから行われる場合もある。

2. 税務調査の対象になるケース

  • 申告書の計算が間違っている場合。
  • 相続した遺産が多いのにもかかわらず、相続税の申告が少ない場合。
  • 相続人が自身で申告書を作成し、税理士が関与していない場合。

3. 実地調査の進行

  • 実地調査は税務職員が2名で行い、通常は事前に連絡がある。
  • 午前中に税務職員からの質問があり、午後には通帳や金庫などの確認が行われる。
  • 実地調査は通常1回のみで、その後に税務署で検討が行われる。

4. 税務調査での指摘と対応

  • 税務調査では、約8割以上で申告漏れや評価誤りの指摘がある。
  • 指摘を受けた場合は修正申告が必要で、追加で相続税を納税することになる。
  • 過少申告加算税や延滞税が発生する可能性があり、無申告の場合は無申告加算税が課される。
  • 不服がある場合は再調査や審査請求が可能だが、主張が認められることは少なく時間とコストがかかる。

5. 税務調査を避けるための対策

  • 相続税を正確に申告することが最も効果的。書面添付制度を利用し、詳細な説明を添付する。
  • 相続税に強い税理士に申告を依頼することで、正確かつスムーズな申告が可能。

 

 相続税に関する事務手続きは複雑であり、専門家のサポートが大切です。

 適切な対策を講じて、円滑な手続きを進めることが重要です。