· 

相続税対策として購入した不動産において

 相続税対策として購入した不動産において、相続が終われば「売却」することを検討する重要性について述べます。

  • 出口戦略の重要性:

 相続税対策として購入した賃貸不動産には、相続が終わった後に「売却」という出口戦略が重要です。

 賃貸不動産を購入する際に、将来的な売却を見据え、相続人に選択肢を提供することが重要です。

  • 相続人の視点:

 賃貸不動産を相続するのは相続人であり、将来の選択肢を考えておくことが必要です。

 「経営を継続」や「売却」などの選択を相続人が柔軟にできるように、相続人に対して情報提供が求められます。

  • 借入金の問題:

 不動産購入には借入金が発生するため、相続人が支払いに困らないように慎重な計画が必要です。

 借入金が相続人にとって負担になる可能性があるため、将来的な事態に備えて「売却」の検討が重要です。

  • スッキリな相続後の状態:

 相続人にとって、相続が終わった後に物件を「売却」することで、精神的にも経済的にもスッキリとした状態が生まれると強調されています。

 借入金の返済を一度に解消できることで、次世代への負担も軽減されます。

  • 柔軟な経営の可能性:

 不動産の「売却」を選ぶことで、相続人は新たな経営方針や不動産の選択肢を検討できます。

 現金を手に入れたり、新しい投資先を見つけたりすることができ、柔軟性のある経営が可能です。

 相続税対策として購入した不動産については、相続が終わった段階で「売却」を検討し、相続人にとっても将来的な選択肢を柔軟に取れるようにすることが効果的です。