遺産分割において検討すべきポイント

遺産分割において検討すべきポイントは以下の通りです:

  1. 法定相続人を確定する: 被相続人の戸籍を取得して親族関係を確定させ、法定相続人を特定します。これには時間がかかることがあります。
  2. 遺産の内容を確定させる: 被相続人が所有していた全財産や権利を確定し、プラスの財産だけでなく借金などのマイナスの財産も考慮します。
  3. 遺産の評価額を算定する: 不動産や非上場株式などの評価が難しい財産について、相続人間で評価額を合意する必要があります。不一致の場合、家庭裁判所の介入が必要となります。
  4. 特別受益・寄与分の有無を確認する: 相続人が被相続人から生前に利益を受けていた場合や寄与分がある場合、相続分を調整する必要があります。
  5. 具体的な財産の分割方法を決める: 相続人それぞれの相続分に基づいて、具体的な財産の分割方法を決定します。これには相続人間での合意が必要です。

 

  遺産分割は感情的な要素も含まれるため、円滑な進行を図るためにはコミュニケーションや専門家のアドバイスも重要です。

  また、遺言書がある場合は、これが分割に影響を与える可能性があります。

  事前に遺言書を作成しておくことで、相続人間の紛争を防ぐことができます。