· 

相続税に関する知識の取得

 相続税に関する知識の取得と相続税対策において専門家の協力が重要であります。

 

  • 相続税の知識の入手:一般的な相続税の知識は本や雑誌、インターネットで得られるものであり、相続税額や対策のポイントなどについて基本的な理解ができるでしょう。また、相続税を計算するためのソフトウェアも存在します。
  • 自己判断での相続税対策は難しい:しかし、得た知識をもとに自己判断で相続税対策を行うことは非常に難しく、相続税の仕組みが複雑であります。特例や法律の修正が頻繁に行われ、それらを把握し続ける必要があります。
  • 専門家の協力の重要性:相続税を減額する特例や法律は毎年変更されており、それらを知らないままでは適切な相続税対策が難しい。また、相続税対策が他の税金を増加させる可能性や、自己判断で行うことの危険性もあります。
  • 失敗例としての生前贈与:特に、生前贈与に関する失敗例があります。年間の基礎控除枠を超える贈与を無知で行うことが、思わぬ落とし穴や税務署に否認される可能性を高めます。