· 

税理士の得意分野と不得意分野

  • 税理士の得意分野と不得意分野:税理士は法人税や所得税など、特定の税目に詳しいことがあります。しかし、相続税など他の税目に対する知識が不足している場合があります。クライアントは税理士の専門性を理解し、相談する際には得意分野を確認する必要があります。
  • 相続税対策への積極的な関与:相続税対策は専門的な知識と経験が必要であり、全ての税理士が対応できるわけではありません。エピソードにあるように、相続税対策に関しては積極的に関与する税理士は少ないかもしれません。クライアントは相続税対策を必要とする場合、専門的な知識を持った税理士を選ぶことが重要です。
  • 相続税対策の顧問税理士不足:相続税対策に特化した顧問税理士が少ないという事実が示されています。クライアントは税理士選びの際、相続税に詳しい専門家を選ぶことが重要です。
  • クライアントとの信頼関係:クライアントが税理士に対して信頼を置き、オープンに相談できる関係が築かれることが大切です。クライアントが抱える問題に対して正確かつ適切なアドバイスを提供できるよう、税理士はクライアントとの信頼関係を重視する必要があります。

 これらのポイントは、税務においてはクライアントと税理士の信頼関係が円滑に機能するために重要な要素であります。