· 

毎年の贈与に関して、税務署の問題視を回避するため

 相続税の節税を目的とした毎年の贈与に関して、税務署の問題視を回避するためのポイントです。

  • 贈与税がかかる場合・かからない場合:年間の贈与額が基礎控除額である110万円以下の場合、贈与税はかかりません。そのため、この枠内であれば毎年同じ時期に同額を贈与しても問題ありません。ただし、約束事がある場合は留意が必要です。
  • 贈与税を課税する場合の立証責任は「税務当局」にある:税務署が贈与税を課税する場合、その贈与があった事実を税務署が明確に示す必要があります。贈与者と受贈者の合意を立証する責任は税務当局にあります。
  • 贈与実行時の注意点:贈与が一過性であることを証明するため、毎年の贈与に対しては贈与契約書を作成しましょう。贈与契約書が存在しない場合、税務当局は贈与が一過性ではなく総額贈与と認定する可能性があります。
  • 贈与契約書の作成:贈与の都度、法的に有効な贈与契約書を作成することが重要です。この契約書は贈与が一過性であることを証明する材料となります。契約書には贈与の金額や条件、日付などを明確に記載しましょう。

 毎年同じ時期に同額を贈与しても問題が生じる可能性は低いですが、契約書の作成や法的なアドバイスを得ることで、紛争やトラブルを避けることができます。

 税務に関する法的な事項は個々のケースに依存するため、具体的なアドバイスを得るためには税理士や弁護士の協力が役立ちます。