· 

相続対策のベースとなる「財産の棚卸」

 相続対策のベースとなる「財産の棚卸」の重要です。

  • 財産の把握が基本:相続対策を進める上で最初に必要なのは、現状の財産を把握することです。自分や家族の財産を正確に理解し、その情報をもとに相続税対策を検討する必要があります。
  • 財産の棚卸の手順:財産の棚卸は、財産の明細を作成し、その評価を行い、相続税額を算出するプロセスです。これによって、具体的な相続対策を進める際の基礎情報が整います。
  • 棚卸には慎重さが必要:財産の棚卸は手間と時間がかかる作業であり、慎重な取り組みが求められます。不十分な棚卸は、節税対策の効果を損なう可能性があります。
  • 早期の相続対策が重要:相続を控えている場合は、時間が限られていますが、これから相続について考える場合は、早めに相続対策に着手することが望まれます。早期に始めれば、より効果的な対策が可能です。
  • 税務調査での問題点:財産の棚卸を怠ると、相続税の申告後に税務調査で指摘される可能性があります。特に隠れた資産や適切でない贈与に関する問題が浮き彫りになることがあります。
  • 家族関係への影響:配偶者のヘソクリや贈与に関する税務調査の問題が、家族関係に悪影響を及ぼす可能性があります。これらの問題を未然に防ぐためにも、財産の棚卸が重要です。

 相続対策の出発点として財産の棚卸が欠かせなく、その過程での慎重な対応が必要です。