· 

税理士の肩書や経歴だけではなく

 税理士の肩書や経歴だけではなく、実際の知識や経験が相続税対策において重要です。

 

 税理士の経歴だけでなく、知識が重要:国税庁OBであるからといって、相続税対策に十分な知識があるとは限りません。

 相続税対策には広範な税の知識が必要であり、特に相続税に特化した経験や専門知識が求められます。

  • 相続税対策は縦割り体制では不十分:国税庁の業務は部門別に分かれており、縦割り体制となっています。相続税対策においては、複数の税目にわたる幅広い知識が必要です。そのため、相続税対策においては専門的な税務知識が不可欠です。

「税務署に顔が利く」は誤解:国税庁OBであるからといって、いざというときに特権的な扱いを受けることはないと示唆されています。

 法に基づく公正な取引と透明性が求められる現代社会において、適切な税務対策が求められます。

  • 信頼性と経験が大切:税理士の信頼性と実績が重要です。国税庁OBであることも一つの要素ではありますが、相続税対策においては実際の経験や信頼性がより重要です。クライアントは実績や評判を確認し、信頼できる税理士を選ぶべきです。

 相続税対策においては専門的で豊富な知識が求められ、一般的なイメージや看板だけでなく、具体的な経歴や実績を確認することが重要であります。