· 

資産の種類やその具体的な確認方法

 相続財産を理解するための資産の種類やその具体的な確認方法についてです。

 

 相続財産の範囲:相続財産としては、「金銭に換えられることができるすべての資産」が含まれます。土地、建物、銀行預金口座、有価証券、貴金属、ゴルフ会員権など多岐にわたります。

 正の財産と負の財産:資産には正の財産(プラスのお金が発生するもの)と負の財産(マイナスのお金が発生するもの)があります。借入金などが負の財産となります。

  • みなし相続財産:相続発生前には存在しなかったが、相続が発生したことによって得られる財産。死亡保険金や死亡退職金が代表的な例です。
  • 資産の詳細な確認:資産を確認するためには、預金口座や証券会社からの通知、固定資産税や都市計画税の納付書などを確認します。各種の明細書や証書が存在し、これらを元に資産を整理します。
  • 税理士の相談の重要性:資産が多岐にわたる場合、税理士に相談しながら確認することが得策です。税理士は本人にはわからない情報や忘れられてしまった資産も引き出すことができます。

 資産の種類や確認手順については、税理士のアドバイスが相続財産の適切な把握に重要であります。