· 

相続時における財産取得において

 相続時における財産取得において対立が生じる可能性と、その解決策です。

  • 財産の取得での対立:

 相続人の中で、特にまとめ役となる人(配偶者や長男など)が、不動産や主要な財産を相続することが一般的です。

 不動産のような換金難の財産と相続税の評価額に関連して、対立が生じることがあります。

  • 分割協議の難しさ:

 相続財産の適切な分割協議が難しく、時間がかかることがある。

 遺産分割協議が長引くと、トラブルが増加し、解決が難しくなる。

  • 相続人の譲歩の重要性:

 対立する相続人がいる場合、まとめ役は客観的に状況を分析し、できるだけ譲歩する必要がある。

 時には税理士の仲介を利用するなど、冷静な判断が求められます。

  • 分割協議に応じない相続人への対処:

 分割協議に応じない相続人がいる場合、その理由を理解し、必要に応じて譲歩することが重要。

 分割が決まらないと相続税計算にも影響がある。

  • 仲介役の利用:

 紛争が解決しづらい場合、税理士などの仲介役を利用して円滑な進行を図ることが有益である。

  • 親族トラブルの回避:

 トラブルが続くことは経済的にも精神的にもマイナスであり、早期の解決が望ましい。

 分割が決まらない限り相続税の計算にも悪影響が及ぶ。

 相続時には感情や利害が絡むため、冷静な判断と調整が必要です。特に対立が激しい場合、仲介役の存在が有益となります。