· 

相続税の税務調査2

 相続税の税務調査に関する具体的な流れです。以下は、主なポイントです:

  • 相続税の申告期限:

 相続税の申告は相続開始の日から10カ月以内に行う必要があります。この期間内に申告書を提出し、相続税を納税することが求められています。

  • 税務調査の流れ:

 税務調査は主に「任意調査」が行われます。

 日本では、納税者が自ら税額を計算し、申告書を提出する制度を採用しています。

 調査の多くは、納税者の同意を得て行われる任意調査です。

  • 相続税の税務調査の進行:

 相続税の税務調査では、提出された申告書と、亡くなった人が生前に提出した確定申告書などの資料をもとに、税務署が調査の必要性を判断します。

 調査が決まると、調査官が被相続人(亡くなった人)の自宅を訪れ、税理士と相続人(家族)が同席して調査を進めることが原則です。

 調査は申告後半年から1年後の秋口に行われることが多いとされています。

  • 調査の進行:

 調査官は被相続人の経歴、仕事内容、趣味、家族構成、子供・孫の職業などを確認します。

 調査は被相続人の実地で進行され、家屋や財産についての詳細な確認が行われます。

 このように、相続税の税務調査は、任意調査が主体であり、税務署が提出された申告書や関連する資料を元に実施されます。