· 

セカンドオピニオンの活用

 不動産の売却において「セカンドオピニオン」の活用や、お客様が相場観を確認する方法についてです。

 

 不動産の売却における「セカンドオピニオン」と相場調査

  • 信頼できる担当者の重要性:

 会社の規模よりも、素晴らしい担当者との出会いが重要。

 複数の不動産会社に声をかけ、各社の対応を確認することが勧められる。

  • 複数の見積もりの重要性:

 1社だけに声をかけないようにし、複数の見積もりを得ることが重要。

 医療でのセカンドオピニオンと同様、不動産売却でも複数の情報を得ることが安心につながる。

  • 自身で相場観を調査:

 インターネットを活用して、公示価格や基準地価、近隣物件の価格などを調査する。

 売却価格の大まかな範囲を把握するための手段として有用。

  • 情報媒体「レインズ」の重要性:

 「レインズ」は宅建業社のみが取り扱える不動産情報媒体。

 売り出し価格ではなく、成約事例を元に価格査定が行われることが強調されている。

  • レインズの情報提供に頼る必要性:

 レインズの情報は一部しかネット上に掲載されていないため、不動産会社の協力が必要。

 相場観をつかんでおくことで、不動産会社の提供情報に自信を持って対応できる。

 不動産売却においては、情報の多角的な収集が重要であり、セカンドオピニオンや自身の相場調査が成功への鍵であります。