· 

指定分割と協議分割の優先順位

指定分割とは

  1. 定義: 被相続人が遺言書によって指定する遺産分割の方法。
  2. 特徴:
    • 法定相続分に従う必要がなく、被相続人が自由に分割方法を決定できる。
    • 遺言書に基づき、相続人たちは協議を行う必要がない。
  3. メリット:
    • 被相続人の意思を反映でき、希望通りに財産を分割できる。
    • 相続人たちの協議が不要なため、相続争いを避けやすい。
  4. デメリット:
    • 遺言書の内容が不公平な場合、トラブルが発生する可能性がある。
    • 遺留分への配慮が必要で、侵害すると遺留分侵害額請求のリスクがある。

協議分割とは

  1. 定義: 相続人たちが協議を行って決定する遺産分割の方法。
  2. 特徴:
    • 遺言書がないか、全ての分割が指定されていない場合に行われる。
    • 基本的には法定相続分に従うが、相続人全員が合意すれば異なる割合で分割できる。
  3. メリット:
    • 公平に遺産分割でき、相続人全員が納得しやすい。
    • 法定相続分に従うため、合意が取れれば遺言書に固執せずに分割可能。
  4. デメリット:
    • 相続人全員の合意が必要であり、手間がかかる。
    • 意見が合わずにトラブルになる可能性がある。

指定分割と協議分割の優先順位

  • 有効な遺言書があれば、法定相続よりも優先される。
  • 遺言書に納得できない場合でも、相続人全員が合意すれば協議分割も可能。

注意点

  1. 指定分割の注意点:
    • 遺留分への配慮が必要で、侵害すると遺留分侵害額請求のリスクがある。
    • 遺言書が無効になるリスクがあり、公正証書遺言の利用が推奨される。
  2. 協議分割の注意点:
    • 相続人全員の合意が必要で、合意が取れない場合には裁判所介入が必要。
    • 全員が納得した場合、遺言書を無視しても遺産分割が可能。

まとめとアドバイス

  • 遺言書の作成が有効であるが、指定分割の際には遺留分への配慮が必要。
  • 相続人全員が合意すれば協議分割も可能。
  • 初回無料相談で相続に関する助言を受けることが重要。

 

 相続の際には慎重かつ検討深く行動することが重要であり、必要に応じて専門家の助言を得るべきです。