· 

相続税申告における不動産評価額とは

相続税申告における不動産評価額とは

 

  1. 相続税評価額の基準
    • 相続税を申告するための遺産目録では、不動産は「相続税評価額」で記載される。
    • 相続税評価額は相続税や贈与税の計算の基準となる価格。
  2. 不動産評価額の算出方法
    • 土地については「路線価方式」または「倍率方式」で算出。
    • 建物については固定資産税評価額がそのまま使用される。
  3. 遺産分割協議における評価額の前提
    • 相続税評価額は、実際の取引価格(実勢価格)の約8割程度に決定される。
    • 相続人間での遺産分割協議の前提として、相続税評価額をそのまま使用することができるか検討される。
  4. 相続人の主張と課題
    • 相続人により評価額に対する主張が異なる。
    • 不動産を取得したい相続人は評価額が低い方が有利。
    • 不動産を取得しない相続人は評価額が高い方が有利。
  5. 具体的な事例での解説
    • 長男と次男の相続ケースにおいて、相続税評価額に基づく分割協議の具体例を示す。
    • 長男と次男の詳細な主張や取り分の計算について解説。
  6. 裁判所の判断と実勢価格
    • 合意できない場合、家庭裁判所が実勢価格で判断。
    • 不動産鑑定士の鑑定書が確実な根拠資料だが、費用が発生。
  7. まとめ:相続税評価額の利用
    • 不動産の評価額で相続人間の合意が得られれば問題ないが、合意できない場合は実勢価格が最終的に裁判所で判断される。
    • 不動産鑑定士の鑑定書が確実な根拠だが、手間や費用がかかる。
    • もめ事を回避するため、相続税評価額での遺産分割も一つの有用な判断。
  8. 税理士への相談
    • 相続に関する専門家への相談が重要。無料相談や相続が得意な税理士の検索ができる旨をアピール。

フォームの始まり

 相続税評価額での遺産分割がもめ事を回避する上で有用であり、相続人間での合意が難しい場合には法的な手続きが必要とされます。