· 

相続関係説明図と法定相続情報一覧図の違い

 相続関係説明図と法定相続情報一覧図の違いや、それぞれの利用シーン、作成方法についてです。

 

法定相続情報一覧図と相続関係説明図の違い:

1. 法定相続情報一覧図:

  • 認証が必要: 法務局が発行し、法定相続情報一覧図は法定相続情報の証明書です。法的な手続きや登記に使用されます。
  • 厳格な書式: 法務局が定めた書式に基づいて作成され、認証を受ける必要があります。
  • 手続きが複数の場合に適用: 複数の手続きが必要な場合や法的な確認が求められる場面で使用されます。

2. 相続関係説明図:

  • 自由な書式: 一般的な相続人が作成する図で、法定相続情報一覧図のような厳格な書式はありません。
  • 法的な証明書ではない: 法的な手続きや登記には使用できませんが、相続関係を視覚的に理解しやすくするために活用されます。
  • 手続きが少ない場合や認証が不要な場面に適用: 単純な手続きや相談の際に提出され、法的な確認が求められない場面で使用されます。

法定相続情報一覧図を利用すべき人と相続関係説明図を利用すべき人:

1. 法定相続情報一覧図を利用するべき人:

  • 手続きが複数の場合: 複数の法定手続きが必要な場合、法定相続情報一覧図が効果的です。
  • 法的な確認が必要: 法的な確認や登記が必要な場合には法定相続情報一覧図を取得します。

2. 相続関係説明図を利用するべき人:

  • 手続きが少ない場合: 単純な手続きや相談の際、相続関係説明図が手軽に利用できます。
  • 法的な確認が不要: 法的な確認が求められない場合、相続関係説明図で相続関係を整理できます。

まとめ:

  • 法定相続情報一覧図は法務局が発行し、法的な手続きに使用される厳格な書式の証明書です。
  • 相続関係説明図は相続人が作成し、法的な確認が求められない単純な手続きや相談の際に利用されます。
  • 手続きの複雑さや法的な要件に応じて、どちらの書類を使用するか選択します。

 

 手続きの際には、相談を受ける専門家や法的な助言を得ることが重要です。