· 

相続関係説明図を作成するメリット

 相続関係説明図を作成するメリットはいくつかあります。

 

  1. 相続関係の明確化:
    • 相続関係説明図は複雑な相続関係を視覚的かつ簡潔に示す手段です。相続人調査の結果や遺産の分割に関する情報が一目で理解できるため、法務局や金融機関、裁判所、税理士などにわかりやすく伝えることができます。
  2. 手続きの効率化:
    • 相続関係説明図を作成しておくことで、相続人調査が終わったらすぐに遺産分割などの手続きを始めることができます。相続人を一覧にまとめておくことで、手続きや相談時に時間と手間を節約できます。
  3. 戸籍謄本等の原本還付:
    • 相続手続きでは戸籍謄本などの書類を提出する必要があります。相続関係説明図を原本とともに提出することで、原本還付が可能となります。これにより、原本を別の手続きで再利用でき、手数料や取得にかかる時間を削減できます。
  4. 手続きの円滑化:
    • 相続関係説明図があることで、手続きの際に誤解や混乱を防ぎます。正確で分かりやすい情報提供は、関係機関との円滑なコミュニケーションを促進し、スムーズな手続きを可能にします。
  5. 費用と時間の節約:
    • 戸籍謄本などのコピーを取る手間や費用を節約できます。相続関係説明図はこれらの書類の代わりになり、必要な情報をコンパクトにまとめることができます。

 

 これらのメリットにより、相続関係説明図は相続手続きを効率的かつ円滑に進めるための重要なツールとなります。